夜には飲まないこと|ラシックスで快尿!むくみ解消!【利尿剤メモ】

ラシックスで快尿!むくみ解消!【利尿剤メモ】

夜には飲まないこと

白い錠剤

薬には、必ず「飲む時間帯」についての決まりがあります。たとえば「夜、寝る前に飲むこと」という指定がなされる薬があります。「朝と夜、1錠ずつ飲むこと」みたいな指定をされることもあります。ラシックスの場合も同様ですが、「この時間帯に飲まなければならない」という決まりではありません。逆に、「この時間帯には飲まないようにすること」という決まりがあります。きちんと守って飲みましょう。
その時間帯とは……ずばり、夜です。ラシックスは「夜に飲む」というのを避けなければならない薬なのです。
なぜラシックスを夜に飲んではいけないのかというと、この薬の効果があらわれてしまうからです。
「薬の効果が現れる」これは非常に結構なことですが、ラシックスの場合、夜に現れてしまうと逆に人にとってはよくありません。
ラシックスを1錠飲んでベッドに入り、30分後にはぐっすり眠りに入る……と、そこで急にハッと目が覚めてしまうのです。強い尿意によって、です。ラシックスの利尿作用は、服用後30分でスタート、そしてそれから2時間かけて体内の老廃物を出しきってしまうというものです。
すなわち、たとえば夜12時に飲んだ場合には12時半あたりに最初の尿意がやって来て、それから2時半くらいまで延々と、何度か尿意をおぼえてトイレに立つ、ということになってしまうのです。
そんなに何度もトイレに立っていては眠れませんから、翌日も寝不足になって体内のバランスが崩れてしまいます。
このようなことになる可能性があるので、ラシックスは夜ではなく、朝や昼に飲むべきなのです。

↑ PAGE TOP